伊藤はり・きゅう院

058-215-1384
[受付時間] 9:00~21:00 火曜定休

ご予約フォームへ

冷え性について

冷えに悩む現代人

冷えには鍼治療

昨今の日本は、平均体温の低下が進んでいると言われています。
以前は成人の標準体温は36.5℃と言われていましたが、ここ20~30年の間で36℃前半の方が多くなり、中には35℃台の方も増えています。
それと同時に、自律神経系の調整がうまくできず、お身体の不調で苦しんでいる人や、以前はあまり多くはなかった病気(アトピーや花粉症などのアレルギー疾患や生理不順などの婦人科疾患)で悩んでいる人も増えてきています。
“冷え性は万病のもと”と昔から言われるように「身体が冷える」ということは、多くの病気・症状の一因になっているのです。
気と血のめぐりがいいことが東洋医学ではいい状態とされていますので、血液循環をよくしていくことはお身体にとって必須だと考えています。

“冷え性”はただ手足が冷えるということだけでなく、深部体温の低下によっていろいろな病気・症状が引き起こされていることを認識し、しっかりとした対策をすることが必要です。

手足が温かくても冷え性?「隠れ冷え性」について

深部体温図深部体温は37℃と一定に保たれていますが、腋窩(脇)温が36℃を下回っている方は冷え性といっても過言ではありません。
心臓より遠い足先や指先はさらに冷えており、環境にもよりますが、足先で27℃を下回るようでしたら冷えはかなり進行していると思われます。
また最近では、体は冷えているが手足は温度上昇している冷え性の方もあるといわれています。
「手足が温かいから冷え性ではない」というのは古い考え方になってきており、手足は温かくても体に冷えを感じてみえる方は、新しいタイプの冷え性に属する可能性があります。
当院では冷え性改善に対して、専用のカウンセリングを行い、お灸での施術を行っております。お身体のどこに冷えを感じるのか?血流はどうなっているのか?詳しく聞きながら推測させていただき、お身体にあった温め方と適切な施術を加えていくことで、血液循環を良くするとともにバランスを整え、冷えにくいお身体に近づけていきます。

お灸の効果

お灸はもぐさを燃やすことにより、温熱を与えますので、温熱刺激により体を温めてくれます。
以前は直接肌の上にもぐさをのせるやり方が主流でしたが、今は肌に触れないタイプのお灸が主流となっています。
当院でも肌に直接触れないタイプのお灸を使用しておりますので、熱すぎることなく、お灸を行っています。

体を温めるだけなら方法は様々あります。
その中でもお灸がいい理由は、お灸に含まれる成分にあります。

チネオールという成分がお灸には含まれており、鎮静作用を持っています。
燃焼させることによりリラックス効果を得られると同時に、神経の興奮を治める、血行の促進の効果があります。

冷え性は自律神経の乱れも関連しているため、温熱効果と同時に神経バランスを整えることのできるお灸があっていると考えています。

施術の流れ

1.カウンセリング

冷え性の初診時は、予診表に症状・生活習慣などをご記入いただくと同時に専用のカンセリングシートを用いています。
なぜお身体が冷えているのか?
どのような症状が出ており、冷えが原因となっているのか?
大まかに確認させていただきます。
その後、問診にて詳しくお伺いいたします。気になる症状についてなんでもご相談ください。
冷えの症状や、体質に合わせて施術内容を決定いたします。

2.着替え

当院では冷え性治療の際、お身体と足を中心に施術を行います。
長いズボンやスカートでお越しいただいた場合は、ハーフパンツへの着替えをお願いいたします。
ハーフパンツは当院でもご用意しておりますが、ご自宅からお持ちいただいても結構です。

3.鍼灸治療

ベッドに横たわっていただき、問診を基にしながら冷え性の治療を進めます。
体で熱を生むのは筋肉と内臓のみのため、血行を良くし
筋肉と内臓に熱を持たせることにより、体内の熱産生を高め、冷え性になりづらい身体にしていきます。
足だけ温めても冷え性を根本から改善することは難しいととらえており、お腹や背部の施術も併せて行います。
万が一、熱すぎると感じる場合はスタッフにお知らせください。

4.生活上のアドバイス

食事や運動について簡単にお話し、冷え性の治療は終了となります。

その後再度着替えいただき、初診の場合は診察券をお渡しいたします。
その場で次回のご予約もしていただけます。

Q & A

Q. お灸は熱くないですか?

A. 当院では、「温灸」と言われる熱くなりにくいものや、もぐさを棒状にした「棒灸」を使用いたします。棒灸は先に火をつけて肌から1.5~3cmほどのところまで近づけ、直接肌に触れることなく温めていく温灸法です。
どちらも痕が残らず、皮膚を傷つけないものですので、安心かつ衛生的です。

Q. お灸なら自分でも出来るのでは?鍼灸院で施術するメリットは?

A.まず、ツボや鍼灸の考え方は何通りもあり、判断には専門知識が必要となります。
問診で原因をつきとめ、正しくツボを刺激することで、冷え性の症状の早期改善に繫がります。

また最近ではお灸は市販もされていますが、家でお灸をするとにおいが残ったり、 壁紙が汚れたりする恐れがあります。 専門院での施術ならば、そのような心配もありません。

料金

一般鍼灸 1回:3,000円

※施術は30分~40分程度です。
※あくまで目安です。


ご予約フォーム

TEL:058-215-1384

岐阜でWebと言えば、株式会社リーピー!