伊藤はり・きゅう院

058-215-1384
[受付時間] 9:00~21:00 火曜定休

ご予約フォームへ

スタッフブログ

夏の疲れ 血液ドロドロ

おはようございます。

明日が山の日になりますので、明日からお盆休みになる方々も多いと思います。
以前にも書かさせていただきましたが、当院は21日まで休まず、ご予約を承ります。
22日(火)23日(水)と連休をとらさせていただきますので、お間違えの無いようによろしくお願いいたします。

さて夏の暑い日が続いています。
熱中症対策として、水分を多くとることは皆さん気にされていることと思います。

ですが、夜に足がつったり、体がだるく感じることはないでしょうか?

疲れが溜まって起きることのために、起きてしまうことは仕方のないことでもあります。
ですが、汗を多くかくことで、血液がドロドロになり、引き起こされている可能性もあるのです。

こまめに水分をとっても、汗として体外に出てしまえば、当然体内の水分量は減ってしまいます。
ましてやナトリウムの補給のために、塩飴をなめたり、スポーツ飲料を飲んだりされていますと、血液の濃度よりも濃いものを摂取していることもあり、どんどんと血液を濃くしてしまっているかもしれません。

女性であればむくみとして感じられることもあります。

暑いためにビールも進むと思います。
食事も味の濃いものの方が食べやすくなると、当然体内のナトリウム濃度はどんどん高くなります。

濃度の濃くなった血液は循環が悪くなるために、疲れやすくなってしまいます。

夏は暑く、疲れやすい時期ですが、血液循環を良くすることで疲れにくくできます。
サラサラの血液であれば、足もつりにくく、細胞と血液内の浸透圧が同じであればむくみも起きにくくなります。

スポーツの現場では、水分補給の飲料をスポーツ飲料と水を混ぜて、薄めることもしています。
最も吸収されやすいとされる生理食塩水濃度は0.9%です。

ジュース類はこの濃度を大きく超えています。
また体を冷やすことと同時に多くの糖質を吸収してしまうために、血糖値が下がらず空腹感がわきにくくなります。
当然お腹が減らないために、食欲を減退させることにつながります。

水・お茶・スポーツ飲料で、水分を摂取していかなければ、血液をドロドロにしていき、より疲れやすくなってしまいます。

スポーツ飲料を薄める理由は、スポーツ飲料でも糖質が高いためです。
飲んだ後に口がねばねばした経験はないでしょうか。
この場合はスポーツ飲料でも糖質が高く、水などを合わせて飲むことで、血液が濃くなることを防ぐことができます。

水ばかりではナトリウムが失われていきますので、水やお茶とスポーツ飲料をうまく組み合わせて水分補給を行っていきましょう。

お盆は暑い中で動くことも増えると思います。
楽しくお盆を過ごせるように気を付けていきましょう。

 


ご予約フォーム

TEL:058-215-1384

岐阜でWebと言えば、株式会社リーピー!