伊藤はり・きゅう院

058-215-1384
[受付時間] 9:00~21:00 火曜定休

ご予約フォームへ

スタッフブログ

梅雨時の不快対策

おはようございます。

4日に東海地方も梅雨入りしたとみられると気象庁の発表がありました。
昨日などはずっと曇りで一時雨も降りました。
梅雨らしい天気でしたが、今日は一転きれいに晴れてくれています。

一時的に大雨でそれ以外の時には晴れてくれることも多いのが最近の傾向ですが、梅雨はジメジメと不快に思う季節です。
気分もすぐれなくなりますので湿度をこまめにチェックしていきましょう。

そこで不快指数と言うものはみなさん御存じでしょうか

気温と湿度から求められるもので、計算式は

0.81×気温+0.01×湿度×(0.99×気温-14.3)+46.3で計算することができます。

日本の場合、不快指数が75を超えると半数の人が不快に感じ、80を超えるとほとんどの人が不快と感じると言われています。
またこの計算式は無風の状態で考えられていますので、風がある場合はあまり参考にならないのも事実です。

仮に気温30℃の夏日として考えると、湿度30%でも不快指数が75を超えてしまいます。
0.81×30+0.01×30×(0.99×30-14.3)+46.3=75.2
湿度30%は乾燥しているくらいですので、おかしな話になってきてしまいます。

風が風速1mあると体感は1℃下がると言われていますので、風がある場合には気温を2~3℃低くして考えてもいいかもしれません。

気温が高く、湿度も高いと不快になるのは当たり前のことです。
体温を下げるために汗をかき、汗が蒸発するときの気化熱により体温を下げようとしていますが、湿度が高いと汗が蒸発せず体温を下げることができません。
当然汗をかき続けることになりますし、肌に汗が残りより不快になってしまいます。

心地よく過ごすためにも、こまめに湿度管理をしていきましょう。
また普段あまり汗をかいていない方、汗腺の働きが弱くなり汗をかきずらくなっているかもしれません。
汗をかきやすい身体に戻してあげることで、暑さに強い身体になっていくことも考えられます。

暑い暑いと言って、涼しいところで安静にしてばかりいてはよくないとも言えます。
しっかりと運動もして、暑さに負けないようにしていきましょう!!


ご予約フォーム

TEL:058-215-1384

岐阜でWebと言えば、株式会社リーピー!